So-net無料ブログ作成
検索選択

(45) Dunkin’ Donuts Center, Providence, RI(2009/10/30)-デヴィッド・アーチュレッタの「日程の変更された」サマーツアー [Performance]

M1382B.JPG

今日もデヴィッドはかっこいい![ぴかぴか(新しい)]
M1383B.JPG

M1384.JPGM1385.JPG

M1388B.JPG

M1389.JPGM1390.JPG

どの子に向かって、歌ってるの.....?[目]
M1381.JPG

[かわいい]もちゃんと受け取ってあげる......優しい[るんるん]
M1392.JPGM1393.JPG

横顔はビューティフル[揺れるハート]
M1394.JPG

そして、かわいい~~~[わーい(嬉しい顔)]
M1396B.JPG

足がなんか.....[揺れるハート]
M1397.JPGM1398.JPG

M1399B.JPG

M1400B.JPG

今日もステージを右から左へと飛び回る[カラオケ]
M1401.JPGM1402.JPG

M1403.JPGM1404.JPG

そして、またいつもの様にさっさと....あっ、いえ、さっそうと去っていく.....終わっちゃった[もうやだ~(悲しい顔)]
M1405B.JPG

Photos credit to Ryan こちらこちら

その他の写真情報
Sheila
FOD Meagan
FOD Stephanie、Danielle

MAKIです。
延期されたサマーツアーの公演、第二日目は、ロードアイランドのプロヴィデンス、ダンキン・ドーナッツ・センターで行われました。

この日は、一日前の公演の疲れや、痛めた背中の痛みもあったでしょうが、朝から元気に92 PRO-fmのラジオに出演しました。
M1406.jpg

M1407.jpgM1408.jpg
写真はラジオ局サイトのこちらのページにありますが、デヴィッドの目が赤目になってしまってます。
そこでSnarky Archiesさんで赤目を修整して下さいましたので、写真はこちらからどうぞ。

この時の動画はこちらこちらです。
そのうち、どなたかが訳して下さると思いますので、お楽しみに!
なお、この動画からのかわいいscreencapsが、同じSnarky Archiesの こちらのページにたくさんあります。
Meet&Greetでは、このラジオの時の服装のままでした。
ぼーっと見ていたら、コンサートでも着替えてないのかと思ってしまいました(笑)
よく見たら、Tシャツもパーカーも変えていますね。
あら、こんな写真も[わーい(嬉しい顔)]頼まれるとイヤとは言えない性格.....(笑)
M1409.JPG



それでは、次はTakakoさんです。よろしく~~♪


★ ★ ★ ★ ★


はーい、Takakoです。今回の3公演のVIPは、サマーツアーのような、こぢんまりとした部屋での、アコースティック・ミニ・コンサートつきのVIPではなく、サウンドチェックをしている最中にアリーナに入っていき、サウンドチェックを2曲、聴いて、ステージ上のデヴィッドと話をし、写真撮影をする、という形式のようです。

まずは、サウンドチェックの動画から。今回は、サマーツアーのときとはちがい、写真や動画の撮影も許可されています。いつもすてきな動画を撮ってくださるdjbell13さんのサウンドチェックの動画をご紹介します。

A Little Too Not Over You

*youtubeはこちら
Video credit to djbell13

Touch My Hand

*youtubeはこちら
Video credit to djbell13

ライブのときとはちがい、リラックスしたようすのデヴィッド。すわったままだったり、あまり動かずに歌っています。そういう姿を見られるのも、ファンにとってはうれしいですね。

そして、トークタイム。こちらも動画が出ています。よく聞き取れないので、わかることだけ、ご紹介します。


*youtubeはこちら

背中は痛くないですか、ときかれて、「痛くはないけど、へんな歩き方になっちゃうんだ」と答えています。その後、ファンから「デヴィッド!」と声をかけられて、「やあ!」と返事。そのあとは、VIP恒例の出身地の質問。マサチューセッツ、ユタ、テキサス等、あちこちの土地の名前をあげて、そこから来た人に手を挙げてもらい、全国から来てくれてるんだね、と言います。その後も、ファンの人たちが自分の住んでいる土地の名前をあげていると、デヴィッドの携帯にメールが届き、「姉(か妹)からメールが来た」と言います。それから、ドラムスのジェリーを指差し、「ジェリーのシャツ、いいと思わない?」とききます。

デヴィッドが目をとめた、ジェリーのシャツはこちら。
T734.jpg
えっ、ぜんぜんいらない情報でした?(笑)


*youtubeはこちら

「椅子にすわっててごめんね。だいぶよくなったんだけど。回復を祈るカード(※1)を送ってくれてありがとう。サインしてくれてうれしいよ。(ここで、たぶんファンから、どうやって見つけたの?と聞かれて)、彼女がつぶやいたんだよ。ぼくはそのつぶやきを誰かのRT(※2)か何かで見つけたんだ。」
そして、ファンからなにか声をかけられて、「それはぼくの携帯では見られないんだ。あとでパソコンで確認するよ」と答えています。それで、「ごめんね。あまり、楽しくないよね」と、デヴィッドらしいことを言います。

※1:デヴィッドが話しているのは、このカードのこと。
※2:RTとは、だれかのつぶやきの内容を、大勢の人に見てもらうために、そのままの内容でまわすこと。 

そのほか、この日、VIPに出た方のtwitterをまとめると、

*もし音楽をやっていなかったら、どんな仕事についたと思いますか、という質問を受けて、音楽を仕事にするとは思いもしなかったけれど、どちらにしろ、音楽はずっと続けていたと思う。
*ブライス・エイヴァリーとコラボレイトしたいですか、との質問に対して、ブライスのことは大好きだけど、彼はテキサスにいるからむずかしいとのこと。
*VIPが終わって、ステージから去るとき、歩きにくそうにしていたそうです。

また、この日のライブ評が出ています。ほとんど、デミ・ロヴァートのことなのですが、デヴィッドがとりあげられた部分だけ、ご紹介します。

Projo Arts Blog(2009/10/30)

前座を務めるデヴィッド・アーチュレッタの愛らしい歌声は、オープニング曲である、ピアノ伴奏によるポップ、"Touch My Hand"と、すばらしい"Don't Let Go"を見事に響かせた。アメリカン・アイドルではコンテスタンツにスタイルを取り入れさせるが、このアメリカン・アイドルの準優勝者の場合は、全体的に、ロマンチックな80年代のポップスタイルに、R&Bの影響を受けたモダンなビートをしっかりと混ぜ込むことに成功している。

バンドのバックコーラスつきの、"My Hands"のエンディングのアカペラと、彼のアメリカン・アイドル時代のトレードマークである、ヴォーカルとピアノだけの"Apologize"は、圧巻だった。スローな曲のあとは、ダンスナンバーの "Zero Gravity"。そして、締めの1曲は、もちろん、アリーナ向けのバラード、"Crush"だ。

さて、この日のライブはどうだったのでしょうか? akiraさん、よろしくお願いします♪


★ ★ ★ ★ ★



akiraです。セットリストはマンチェスターと同じようです。Barriers好きとしては、前日と曲目をかえてBarriersをやってくれないかなぁ、なんて期待していたんですが、やっぱり無理ですか…。デヴィッドの腰の具合はどうなのでしょう?前日よりも激しく動いている気がしますが、気のせいでしょうか?少しでもよくなっているならいいのですが、無理しないでね。

セットリスト

1. Touch My Hand
2. Waiting for Yesterday
3. My Hands
4. Somebody Out There
5. Works for Me
6. A Little Too Not Over You
7. Don't Let Go
8. Your Eyes Don't Lie
9. Apologize
10. Zero Gravity
11. Crush

動画は、続きを読む(Read more)からどうぞ!

1. Touch My Hand

Video credit to 8throwcenter (YouTubeはこちら
登場したときの表情がたまりません!!キラキラです[ぴかぴか(新しい)]


2. Waiting for Yesterday

Video credit to ShelleyFOD (YouTubeはこちら


3. My Hands

Video credit to 8throwcenter (YouTubeはこちら


4. Somebody Out There

Video credit to djbell13 (YouTubeはこちら


5. Works for Me

Video credit to djbell13 (YouTubeはこちら
私、このパフォーマンス、好きだぁ。


6. A Little Too Not Over You

Video credit to rebeccaboo (YouTubeはこちら


7. Don't Let Go

Video credit to 8throwcenter (YouTubeはこちら
これもすばらしい映像。


8. Your Eyes Don't Lie

Video credit to djbell13 (YouTubeはこちら
3:36口笛の口の形[るんるん]

もうひとつ→ShelleyFOD (YouTubeはこちら


9. Apologize

Video credit to 8throwcenter (YouTubeはこちら


バンド紹介

Video credit to djbell13 (YouTubeはこちら
デヴィッドがなんといっているのかわからないけれど、マイクのパープルのギターかっこいいですね。

10. Zero Gravity

Video credit to 8throwcenter (YouTubeはこちら
お花もらったのね。前日よりも激しいような[わーい(嬉しい顔)]

もうひとつ→djbell13 (YouTubeはこちら


11. Crush

Video credit to djbell13 (YouTubeはこちら

posted by GUEST at コメント(2)  トラックバック(0) 

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
hirorin

Don't Let Go がもう、かっこよすぎます!!
なんと表現したらいいのか分からなくなるような、
すごい男っぷりでした[__爆弾]
by hirorin (2009-11-02 20:27) 

akira

hirorinさん、Don't Let Goを見過ぎましたってつぶやいていたけれど、
何回見たの~~~(笑)!!
デヴィッド、ほんとかっこいいねぇ…。
by akira (2009-11-04 13:10) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

関連リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。